300-135日本語受験対策解説集、100-105必殺問題集

Pass4Testは長い歴史を持っているCiscoの300-135日本語受験対策解説集が提供されるサイトです。IT領域で長い時間に存在していますから、現在のよく知られていて、知名度が高い状況になりました。これは受験生の皆様を助けた結果です。Pass4Testが提供したCiscoの300-135日本語受験対策解説集は問題と解答に含まれていて、IT技術専門家たちによって開発されたものです。Ciscoの300-135日本語受験対策解説集を受けたいのなら、Pass4Testを選ぶのは疑いないことです。

300-135日本語試験番号:300-135日本語
試験科目:「Troubleshooting and Maintaining Cisco IP Networks (TSHOOT) (300-135日本語版)」
一年間無料で問題集をアップデートするサービスを提供いたします
最近更新時間:2016-10-19
問題と解答:全79問 300-135日本語受験対策解説集

>> 300-135日本語受験対策解説集

 
100-105試験番号:100-105
試験科目:「Cisco Interconnecting Cisco Networking Devices Part 1 (ICND1 v3.0)」
一年間無料で問題集をアップデートするサービスを提供いたします
最近更新時間:2016-10-19
問題と解答:全240問 100-105必殺問題集

>> 100-105必殺問題集

 

あなたはPass4Testが提供したCiscoの100-105必殺問題集の問題集だけ利用して合格することが問題になりません。ほかの人を超えて業界の中で最大の昇進の機会を得ます。もしあなたはPass4Testの商品がショッピング車に入れて24のインターネットオンライン顧客サービスを提供いたします。問題があったら気軽にお問いください、

購入前にお試し,私たちの試験の質問と回答のいずれかの無料サンプルをダウンロード:http://www.pass4test.jp/300-135J.html

NO.1 実装グループは 209.65.200.241 で Web サーバーにアクセスするには、クライアント 1
とクライアント 2 の両方が必要とする 「概念実証」 を実行するためにテストベッドを使用し
ています。 ネットワークアドレス指定、 ルーティング方式、DHCP サービス、NTP サー ビス
は、レイヤ 2 接続性、FHRP サービス、およびデバイスのセキュリティへのいくつかの変更
の後、 トラブルチケットはクライアント 1 が 209.65.200.241 アド レスに対して ping を 実行で
きないことを示して操作されました。
サポートされたコマンドを使用して、 この障害の原因を分離して、 次の質問に答えてくださ
い。
故障状態に対するソリューションは何ですか。
A. EIGRP ルーティングプロセスに AS 番号を DSW1 と DSW2 に使用 される AS 番号の 1 から 10
まではるかに変更します。
B. EIGRP プ ロ セス では 、network 10.1.4.0 0.0.0.255 コ マ ンド を 削除 し て 、network 10.1.4.4
0.0.0.252 と 10.1.4.8 0.0.0.252 コマンドを入力 します。
C. EIGRP プロセスで自 動要約を無効にします。
D. no passive-interface コマンドを使用して、 FastEthernet0/ 0 と FastEthernet0/1 インターフ ェイ
スでは EIGRP を有効にします。
Answer: A

300-135日本語ファンデーション   

NO.2 顧客ネットワークエンジニアは、接 続 性のいくらかの損失 を 結果として生じたコ ン フ
ィギュレー ション 変化 を起こしま した。 あ なたは、ス イッチ のネ ットワーク を評価 し 、問
題の解決を提案することを呼び出されました。
トポロジ を参照してください。
SW1 スイッチ管理 IP アドレスは SW4 から生きていません. 何が問題となるだろうか?
A. SW4 の管理 VLAN の IP アドレスが間違ったサブネットに設定されています。
B. 管理 VLAN スイッ チ SW1 、SW4 の間のトランクリンクで許可されていません。
C. 管理 VLAN は、SW1 と SW2 の間のトランクリンクで許可されていません。
D. 管理 VLAN インタフ ェースは SW4 のシャットダウンです。
E. 管理 VLAN は、SW2 と SW4 の間のトランクリンクで許可されていません。
Answer: A
Explanation:
In the network, VLAN 300 is called the Management VLAN. Based on the configurations shown
below, SW1 has VLAN 300 configured with the IP address of 192.168.10.1 / 24, while on SW4 VLAN
300 has an IP address of 192.168.100.4 / 24, which is not in the same subnet.